すごい台風でしたね〜

こんにちは!先日台風が久しぶりに沖縄本島が暴風域に入りましたね。建物が頑丈だから大丈夫!って思っていましたがどこかの看板が空を飛んでいて冷や汗をかきました(^_^;)たまに窓を開けるとあの、飛行機に乗った時のように耳がキーンとなるのを感じたのは私だけでしょうか?気圧が低くなっているのをなんとなく体感しました。
皆さんの周囲に、「な〜んか、今日は頭が痛いと思ったら、やっぱり低気圧が近づいているみたい」など、体調不良で天気をピタリと当ててしまう人は、いらっしゃいますか? このような天気によって引き起こされる体調不良は「気象病」と呼ばれ、決して「気のせい」ではありません。なぜ、天気が体調にも影響するのでしょう!?!?
「雨の日は頭が痛くなる」 「台風が近づくとぜんそくの発作が出る」 「梅雨時に古傷がなんか痛む」  天気が原因で起きる体調不良は、医療現場では昔から「気象病」と呼ばれています。
気象病として最も多くの人が挙げる症状が頭痛。ほかにも、首の痛み、めまい、耳鳴り、気管支ぜんそく、関節痛、神経痛、古傷の痛み、鬱(うつ)や不安症なども気象病の症状のひとつです。  現在、気象病で悩む人は日本で約1000万人にも上る推定されています。
原因の一つとして、気圧が変化すると人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は血管を収縮させ、心拍数を上げて体を興奮させる働きがあります。一方、副交感神経は血管を広げて体をリラックスさせる働きがあります。この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと、さまざまな体調不良の原因となってしまうのです。自律神経のお話についてはまた次回(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL