セルフホワイトニングの流れ

たった30分でセルフホワイトニングが完了する理由

4ステップで出来るセルフホワイトニング

  • 1.歯磨き
  • 2.マウスオープナーを装着
  • 3.ホワイトニング溶液を塗布
  • 4.LED照射

必要な作業はたったこれだけ。
このセットをもう1度繰り返せばセルフホワイトニング完了です。

初回のお客様はセルフホワイトニングを始める前にスタッフによるカウンセリンがあるので安心してご利用いただけます。

また、ホワイトニングの最初と最後にシェードガイドを使って歯の白さのトーンを見れるので、どれだけ効果が出たのかをその場で実感することができます。

4ステップでホワイトニングができる理由

1.歯磨き

1サイクル目の歯磨きで歯ブラシで取れる汚れを落とします。
2サイクル目の歯磨きでは1サイクル目で浮き上がった汚れを落とすことが出来ます。

ポイント

汚れが落ちやすい状態になっているので、長時間の歯磨きは不要です。
2分程度でさっと歯磨きを済ませましょう。

2.マウスオープナーを装着

歯にホワイトニング溶液を塗りやすくするためマウスオープナーを装着し、歯の表面の水分を拭き取ります。

ポイント

歯の表面が濡れていると効果を感じづらくなってしまうので、しっかりと歯の表面を乾かしてから塗布しましょう。

3.ホワイトニング溶液を塗布

酸化チタンを含むホワイトニング溶液を歯に塗り特定の波長のLEDライトを当てることで光触媒反応が起こります。

ポイント

塗布する前にしっかりとボトルを振って、成分を均一にしましょう。

4.LEDライトを照射
生成した光触媒は歯の表面につくステインなどの色素沈着を分解し、浮かび上がらせます。終了後は酸化チタンが歯の表面をコーディングするため、ツルツルの歯になります。>

ポイント

あたる光が弱くなってしまうのでLEDライトから離れすぎないようにしましょう。