ストレートネック

ストレートネックになると頚椎のクッション機能が大幅に低下するので首周りへの負担はさらに増大します。

そうすると首・肩の筋緊張が起きてきます。

さらに頚椎のクッションをしてる椎間板という軟骨がすり減ってくると神経や血管が圧迫され身体の不調が出てきます。

頚椎の下の方が悪くなると首の動く範囲の制限、腕や手の痺れが出てきます。

また、頚椎の上の方が悪くなると頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、イライラなどの自律神経失調症のような症状が出てきます。

当院では頚椎のゆがみを整えたり、関節の動く範囲を広げる治療も行ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL