椎間板ヘルニア

皆さんこんにちは(^o^)/
台風が過ぎ去った後から、だんだん冷え込むようになってきましたね。
この時期は急な寒さの中動いたりすることで、首や腰を痛める人もよくいます。
そこで今回は首や腰を痛める原因でもある椎間板ヘルニアについてお話しします。

まず、背骨は私達の身体を支えてくれたり、背骨の中を通る神経を保護する役割を持っています。
その背骨一個一個の間にあるのが椎間板になり、これにより背骨にかかる衝撃を吸収してくれています。
椎間板は外側を取り巻く繊維輪と中に入っている髄核に分かれます。この髄核というのが軟らかく弾力がある組織となっています。

椎間板ヘルニアは背骨の椎間板に過度な負担がかかることで、この髄核が外に飛び出した状況となるのです。椎間板ヘルニアは主に腰や首に起こってきます。

椎間板ヘルニアになると神経を圧迫する場合があります。
頚椎椎間板ヘルニアでは首や背中の痛み、肩の筋緊張、前胸部痛、腕や手の痛み・痺れ、握力低下、後頭部痛や頭痛等がみられます。

腰椎椎間板ヘルニアでは腰やお尻や足の痛みや痺れ、力が入りにくい等の症状が出てきます。腰椎から出ている神経は坐骨神経とも繋がっているので、坐骨神経痛の原因にもなってきます。

椎間板ヘルニアになる人は元々首や腰に負担をかけるような体勢や動きをとっていることがあったり、ヘルニアの症状によりさらに姿勢を崩してしまうこともあります。
当院では県内初導入の機械を使い、痛みを和らげたり治癒を早める事ができます!!
さらに手技を使い狭まっていた関節の間を拡げることにより椎間板にかかる負担を軽減したり、痛みで固まっていた筋肉を柔らかくできます!!
また、鍼によって指では届かない深い所までアプローチすることもできます!!
是非一度お試し下さいね😆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL