果物アレルギー

皆さんこんにちは!

ピース整骨院です😊

今回は果物アレルギーについて少しお話しせたいとおもいます!!

朝食やデザートに季節の果物を好んで取り入れている方は少なくないと思います。 しかし、果物を食べていて突然口の中がかゆくなったり、唇が腫れたりするという症状が表れたりすることはありませんか? それはもしかすると「果物アレルギー」かもしれません。 花粉症の人は特に果物アレルギーになりやすいと言われていますので注意が必要です。

🔶果物アレルギーとは?

果物アレルギーは、果物に含まれる原因物質(アレルゲン)が体内に入った時、体が排除しようと過剰に反応することで発症します。 果物アレルギーには大きく分けて2種類あり、食べた時に髍疹や咳などの全身症状を伴う「即時型」と、口の中だけに症状が出る「口腔アレルギー症候群」があります。即時型は乳幼児や子どもに多く、腹痛や下痢、吐き気のほか、アナフィラキシーショックといった重篤な状態に陥ることもあります。 一方、口腔アレルギー症候群は大人にも多くみられ、近年増加傾向にあります。

🔶主な症状は?

口腔アレルギー症候群の場合、特定の果物を食べてから15分以内に次のような症状が表れます。

唇 かゆくなる、腫れる、赤くなる

舌…かゆくなる、腫れる、不快感·違和感がある

喉…かゆくなる、イガイガした感じがある

🔶アレルギーを引き起こしやすい果物は?

アレルギーを引き起こす果物は多岐に渡ります。 特に花粉症の人は、アレルギー反応を起こす植物と似たアレルゲンを持っている果物にもアレルギー反応を引き起こしやすいと言われています。

アレルギーがある場合に注意したい果物

·リンゴ ·洋ナシ ·モモ ·サクランボ·アンズ·キウイフルーツ ·マンゴー·メロン ·スイカ ·バナナ ·オレンジ.グレープフルーツなどがあります。

🔶果物アレルギーの疑いがある場合は?

特定の果物を食べて違和感を覚えた時は、内科やアレルギー科で検査をすることで、何の果物に対してアレルギーを引き起こしているのかを知ることができます 気になる症状があるようならぜひ検査を受けておきましょう。

⚠️果物ではなく、中には野菜に対してアレルギー症状が現れる人もいます。 野菜を食べて口の中や喉に不快感や違和感を覚えた時は、口腔アレルギー症候群を疑ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL