姿勢の疲れを和らげるストレッチ

こんにちは!ピース鍼灸整体整骨院です!^_^

今の時期とてもインフルエンザが流行っていますが皆さん体調の方は大丈夫でしょうか?

体調崩さないようにしっかり睡眠時間を取ること、手洗いうがいを忘れないようにしましょう^_^

 

では、皆さんに姿勢の疲れを和らげるストレッチを教えたいと思います!

胸部の筋肉をゆっくり伸ばして姿勢の疲れを和らげるストレッチをご紹介します。

①まず手の平を天井に向けた状態で両手を組み、頭の上に乗せます。そのまま息をたっぷりと吸いましょう。

②次に、ゆっくり口で息を吐きながら、両肘を後方に引いて胸を伸ばします。息を吐き切ったら、静かに両手を下ろして力を抜きます。

①②を3〜5回ほど繰り返しましょう。

 

 

次に鼻づまりを解消させる5つの裏技を話していきたいと思います。

今の時期に多い不快な症状のひとつといえば「鼻づまり」ではないでしょうか?

「風邪をひいて鼻の通りが悪くて息苦しい…」「春は花粉症で鼻づまり気味…」など、こういった症状お困りではありませんか?

そこで今回は、このような鼻づまりを解消する裏技をご紹介します。

裏技①

蒸しタオルで温める方法

鼻を温めて血流を促すと、鼻の通りが良くなります。

(やり方)

①ハンドタオルを水で濡らして軽く絞ったら、ラップに包みます。500Wで30秒ほどレンジで加熱し、40℃くらいの蒸しタオルを作ります。

②蒸しタオルで鼻全体を覆って温め、タオルが冷たくなったら外しましょう。

裏技②

頭を上下に振る話題の方法

酸欠状態になった体が酸素をたくさん取り込むように働くため、一時的に鼻づまりが改善するそうです。

(やり方)

①息をゆっくりと吐き切ります。

②鼻を指でつまみます。

③天井と床を交互に見るように2-3秒くらいかけてゆっくり頭を上下に動かします。

④息が続かなくなるまで③を繰り返します。

 

裏技③

ペットボトルを脇の下に挟む方法

中身の入った500mlのペットボトルを、つまっている鼻の反対側の脇の下に1分ほど挟むと、不思議と鼻づまりが解消するそうです。

これは体の側面を圧迫すると反対側の交感神経が刺激されて鼻の通りがよくなるという体の仕組みを応用したものになります。

裏技④

ツポを刺激する方法

鼻づまり解消に有効なツボの「晴明」せいめい「迎香」げいこう「鼻通」びつう を刺激する方法です

「睛明」…目頭と鼻の付け根の間にあるツボです。 人差し指と親指を左右のツボに当て、押し込むように刺激しましょう。

「迎番」…小鼻の脇のくぼみにあるツボです。人差し指と中指を当て、下へ押し下げるように刺激しましょう。

「鼻通」…迎香の少し上にあるツボです。 人差し指の腹を当て、揉むように強めのカで刺激しましょう。

裏技⑤

ハッカ油を利用する方法

花粉症といったアレルギー性の鼻づまりに特に有効なのが、ハッカ油を使った解消法です。

ハッカ油をコットンに2~3滴垂らし、ジッパー付きのビニール袋に入れます。

そこに不織布のマスクを入れて1時間以上置き、ハッカの香りを移してから使ってみましょう。

ハッカ油に含まれるメンソールの抗炎症作用や抗アレルギー作用で、鼻の通りが良くなりますよう。

これらの裏技の効果は、症状の過度や体質によって効果に個人差があります。

色々試してみてピッタリの解消法を見つけてみましょう!!

皆さん鼻づまり以外にも肩こりや、腰痛、姿勢が気になる方ピース整骨院へ是非お越し下さい^_^

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL